DHAが不足すると体にどんな影響があるのか?

青魚に多く含まれているDHAは、私たちの健康を維持するために、是非とも積極的に摂取したい大事な栄養素の一つです。

では、仮にこの大切な栄養素が不足してしまうと、私たちの体にはいったいどんな影響があるのでしょうか。

基本的に言って、DHAには血中コレステロールを減少させる上で重要な働きがあることで知られています。コレステロール値を下げることに加えて、コレステロールの質を改善するという効果も持っています。

つまり、血中の悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールを増やすということです。

こうした働きを持つ大事な栄養素が不足してしまうと、当然のことながら、血中コレステロールは上がり、血液はドロドロになってしまいます。結果として、血栓ができやすくなったり、動脈硬化や心疾患になりやすくなったりすると言われています。

また、必須脂肪酸の一つであるDHAには、大事な脳や神経細胞に対する作用もあると考えられています。そう言える理由は、この栄養素を摂取することによって、脳内のセロトニンの働きを強めることができると言われていることにあります。

逆にこの栄養素が不足してしまうと、うつ病のような気分の低下を経験したり、認知症などのような脳機能の低下を経験したりする可能性があると言われています。

簡単に言えば、大事な脳や神経細胞の老化を引き起こしてしまうということです。

生理痛の軽減にもDHAは効果的というのは本当?

さらに、たいへん多くの女性が毎月訪れる生理による生理痛に悩んでいることでしょう。実は、DHAには、生理痛を緩和させる働きがあると言われています。

一般に、生理痛の原因となるのはプロスタグランジンと呼ばれる成分ですが、その働きを抑制できるのがこの栄養素であるというわけです。

それで、仮にこの栄養素が不足してしまうと同時に、冷え性や脂肪過多といった要素が重なるならば、プロスタグランジンが過剰に分泌して、強い生理痛を経験する可能性があると言えるでしょう。

これらに加えて、DHAにはもう一つ別の働きがあります。それは、アレルギー症状を改善するというものです。

オメガ3系脂肪酸であるこの栄養素は、体内の脂肪バランスを整えることができます。それによってアレルギーを抑制できるというわけです。

そのため、この栄養素が不足してしまうと、その影響はてきめんでしょう。もともとアレルギー体質に悩む人などは、その症状を悪化させてしまうことになりかねないのです。