オメガ3ってなに?その正体と期待できる効果とは?

オメガ3の正式な名称はオメガ3脂肪酸といい、不飽和脂肪酸の一種です。

不飽和脂肪酸は人間の体内では生成することができず、食物から摂取することが必要になります。

オメガ3は血流を良くする働きがあり、血の巡りが良くなると血管が柔らかくなり、心筋梗塞や脳卒中などを防ぐことに繋がります。

亜麻種子に含まれるα–リノレン酸や、青魚に含まれるDHAとEPAなどはオメガ3に該当するため、亜麻仁油や青魚を食べるとオメガ3を摂取することができます。

青魚に含有されているDHAとEPAはサプリとしても販売されており、日頃はあまり青魚を食べない方でも、手軽にDHAとEPAを補給することが可能です。

不飽和脂肪酸のDHAとEPAのサプリを摂取すると血流が良くなり、ドロドロの血液がサラサラになります。

オメガ3の積極的な摂取でコレステロール値が下がって生活習慣病の予防にもなるって本当?

血液がサラサラになると血栓ができるのを防ぐことができ、コレステロール値や血圧を下げる効果が期待できます。コレステロール値や血圧が下がると、生活習慣病の予防に繋がります。

DHAとEPAのサプリを摂取して血流が良くなると、脳の血管の血の巡りも改善されます。脳の血の巡りが良くなると認知能力が向上するため、認知症の予防や記憶力のアップにも貢献します。

そのため、DHAとEPAのサプリは頭脳を酷使する受験生やビジネスマンにも最適で、高齢者の認知能力の維持と向上にも役立ちます。

EPAは花粉症などのアレルギー症状の原因になるプロスタグランジンやロイコトリエンなどの量を低下させる働きもあります。

そのため、DHAとEPAのサプリを摂取すると、花粉症などのアレルギー症状を改善する効果も期待できます。

学術研究では気管支ぜんそくも改善したという報告がされており、いろいろなアレルギー症状を改善できると注目されています。

EPAには炎症抑制効果も期待できる?

EPAには炎症を抑制する作用もあり、リウマチの改善や運動後の筋肉痛の改善効果も期待できます。EPAを長期間にわたって摂取すると、関節リウマチが改善したという研究報告があり、運動後の筋肉痛の緩和も実験によって明らかになっています。

亜麻仁油もオメガ3の一種であるため、亜麻仁油を使って調理をすると、DHAやEPAと同じような効果が期待できます。

亜麻仁油には水溶性食物繊維と不溶性食物繊維も豊富に含有されており、食物繊維の働きで腸内環境が整い、便秘の改善にも繋がります。

更年期障害の改善や自律神経失調症の改善効果も期待でき、心身の健康の促進に大いに貢献します。