DHAは血中コレステロールを下げる効果があるって本当?

DHAはドコサヘキサエン酸を略した呼び方で、不飽和脂肪酸の一種になります。不飽和脂肪酸とは、主に魚の油に含まれている成分で生活習慣病を予防する効果が期待できます。

もともと日本では、肉よりも魚を中心に食べる食習慣をしていましたが、近年では食の欧米化が進むことによって摂取量が減ってきている成分でもあります。

その分生活習慣病のリスクも高くなってきており、問題となっているのが現状です。

不飽和脂肪酸であるDHAも脂質の一種ですが、牛肉や豚肉から摂取する動物性脂質とは異なり血液中の中性脂肪を減らして、血液をサラサラにする効果が得られます。

この効果から、血中コレステロール値を下げるのにも有効だとされています。

DHAは中性脂肪の対策にもいい?

中性脂肪もコレステロールも体には必要な物質ですが、多すぎると中性脂肪は体脂肪になったり、動脈硬化の原因となってしまいます。

コレステロールも善玉コレステロールを減らして、悪玉コレステロールが増加してしまうと高コレステロール血症や高脂血症という病気になり動脈硬化につながってしまいます。

この二つは肝臓で作られて血液中に放出されます。肝臓から出てくるときには二つはくっついている状態で、血液中で徐々に分離していきます。

DHAは肝臓内での中性脂肪の合成を抑制するという働きがあります。

中性脂肪の合成を抑制することで、中性脂肪とコレステロールが肝臓から放出されることが抑えられるようになり、肝臓から放出された後のコレステロールが各組織に取り込まれやすくなることで体内の循環能力も向上するとされています。

つまり、摂取することで中性脂肪と血中コレステロールのふたつとも下げる効果があります。

DHAの多い食材としては、イワシやサバ、アユ、さんま、ブリなどの青魚に多く含まれています。しかし、不飽和脂肪酸は構造上とても酸素に反応しやすく壊れやすい性質を持っているため、焼いて食べてしまうと酸化したり流れてしまって含有量が低下してしまうことにつながります。

効率的に摂取するためには、青魚を煮物や刺身で食べることが良いとされています。

また、不飽和脂肪酸の酸化を防ぐためには抗酸化作用のあるビタミンCやビタミンE、ビタミンAを多く含んでいる野菜や果物と同時に摂取することが酸化を防ぐためには有効です。脂ののった鮮度の高い魚を選ぶことも大切と言えます。

魚が苦手な場合には、DHAの配合されたサプリメントを利用することが生活習慣病を予防するためにもオススメです。